NEWS

読書人9/3号発売です!

対談=竹内康浩・阿部公彦
<「分からない」を愉しむ文学評論>
竹内康浩・朴 舜起著『謎ときサリンジャー』(新潮社)刊行を機に(1)(2)

■東海第二原発差し止め訴訟をめぐって
大石光伸氏インタビュー(聞き手=佐藤嘉幸)(8)

【今週の読物】
◇連載=『ポール・ジェゴフと溝口健二』(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)(聞き手=久保宏樹)(5)
◇連載=〈書評キャンパス〉宇佐見りん著『推し、燃ゆ』(東蒼大)(5)
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)(7)
◇連載=中平卓馬をめぐる50年目の日記(柳本尚規)(7)
◇連載=American Picture Book Review(堂本かおる)(7)

【今週の書評】
〈3面〉
▽カトリーヌ・マラブー著『真ん中の部屋』(門林岳史)
▽大久保良峻著『伝教大師 最澄』(小島信泰)
▽田中智晃著『ピアノの日本史』(小宮正安)

〈4面〉
▽秋山邦晴著/高崎俊夫+朝倉史明編『秋山邦晴の日本映画音楽史を形作る人々 アニメーション映画の系譜』(北條誠人)
▽石坂啓漫画/本多勝一原作/萱野茂監修『ハルコロ 1・2』(竹内オサム)
▽松尾龍之介著『絹と十字架』(若松正志)

〈5面〉
▽ミハエル・グルエンバウム/トッド・ハサク=ロウィ著『太陽はきっとどこかで輝いている』(細見和之)
▽横道誠著『みんな水の中』(藤田直哉)
▽グアダルーペ・ネッテル著『赤い魚の夫婦』(九螺ささら)

〈6面〉
▽吉田広明著『映画監督 三隅研次』(高鳥 都)
▽ブレイディみかこ著『他者の靴を履く』(栗原裕一郎)
▽イブラム・X・ケンディ著『アンチレイシストであるためには』(岡和田晃)

【最新号のご案内】
巻頭特集は
================================================
対談=竹内康浩・阿部公彦
<「分からない」を愉しむ文学評論>
竹内康浩・朴 舜起著『謎ときサリンジャー』(新潮社)刊行を機に

【本紙イントロより】
 J・Dサリンジャーの有名な短編「バナナフィッシュにうってつけの日」は、〈若い男〉の拳銃自殺によって物語が閉じる。しかし、男の死は本当に自殺だったのか?
 竹内康浩・朴舜起著『謎ときサリンジャー 「自殺」したのは誰なのか』(新潮社)は、サリンジャーの各作品を通じてその謎を解き明かしていく本格評論である。刊行を機に、著者の一人である竹内氏と、本書に解説を寄稿した英文学者の阿部公彦氏に対談をお願いした。(編集部)

================================================

本紙の読者の方にとってもサリンジャーという名前に懐かしい響きを覚えるのではないでしょうか。調べてみたらこの謎に満ちた作家が亡くなってもう10年が経ちます(2010年死亡)。サリンジャー作品をめぐる評論は多くありますが、本書は謎に満ちた作家が残した謎に満ちた作品の謎をようやく解明できる、そんな1冊です。
 著者の竹内康浩さんは本書について読みやすさを意識したといいます。文章を書くにあたってのモチーフを次のように語っています。
「……それで行き着いたのが、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』です。さまざまな出来事が同時進行している幕末の世を扱っていながら、上手に腑分けして、何より読者を楽しませる。だからきっとお手本になるのではないかと思い、全巻読みました。」
 本書を指して「ミステリ」と各所から評価される所以がここにあることがわかります。『竜馬がゆく』的な読み応えをもってサリンジャーを解剖する。昔サリンジャーを読んだ人ならわくわくすると思います。本対談は同年代の阿部公彦さんとの気心知れた英文学トークですので本書を読む前にぜひご一読ください。

********************

【関連記事】
2018年2月9日号
柴田元幸氏インタビュー
<小説の良さを伝える翻訳>
『ハックルベリー・フィンの冒けん』(研究社)刊行を機に
================================================
竹内さんの著書に『謎とき『ハックルベリー・フィンの冒険』』があるということで、こちらのバックナンバーをご案内します。柴田さんと竹内さん・阿部さんという異なる世代の米文学観をお楽しみください。

********************

【ご案内】
 当オンライショップでは定期購読のパッケージも販売中です。新聞配達版《2ヶ月》《半年》《通年》とPDF配信版《通年》の4プランを用意しています。
 特にPDF配信版なら新聞配達版《通年》よりも1000円お得。発売のタイミング(通常金曜日)のAM9:00にダウンロードURLをメールでご案内します。場所を取らずに保管にも便利な定期購読PDF配信版《通年》ぜひお試しください。

********************