NEWS

読書人8/27号発売です!

鼎談=小松美彦・市野川容孝・堀江宗正
〈反延命〉主義に対抗する思想と実践のために
小松・市野川・堀江編著 『〈反延命〉主義の時代』(現代書館)刊行を機に
(1)(2)

■対談=樋口恭介×木澤佐登志
<思考の自由を取り戻し、複数の未来を提示する>
『未来は予測するものではなく創造するものである』(筑摩書房)刊行をめぐって(8)

【今週の読物】
◇連載=『生と断絶―ゴダールが語ったこと』(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)(聞き手=久保宏樹)(5)
◇連載=〈書評キャンパス〉山田明著『キャプテン 君は何かができる』(福留舞(5)
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)(7)
◇連載=中平卓馬をめぐる50年目の日記(柳本尚規)(7)

【今週の書評】
〈3面〉
▽小田龍哉著『ニニフニ』(佐藤弘夫)
▽フイ・ドゥック著『ベトナム:ドイモイと権力』 (坂川直也)
▽與那覇潤著『歴史なき時代に』(河野有理)

〈4面〉
▽ピエール・ビルンボーム著『ヴィシーの教訓』(三浦信孝)
▽楊逸・劉燕子著『「言葉が殺される国」で起きている残酷な真実』(安冨 歩)
▽岩崎航著『震えたのは』(末井 昭)

〈5面〉
▽ルイザ・メイ・オルコット著『仮面の陰に』(山田 文)
▽岡部隆志著『胸底からの思考』(佐藤 泉)
▽ジェローム・K・ジェローム著『骸骨』(下楠昌哉)

〈6面〉
▽内田樹著『街場の芸術論』(阿部公彦)
▽後藤貴浩著『サッカーピラミッドの底辺から』(有元 健)
▽レベッカ・キャシディ著『ギャンブリング害』(猫組長)

【最新号のご案内】
巻頭特集は
================================================
鼎談=小松美彦・市野川容孝・堀江宗正
〈反延命〉主義に対抗する思想と実践のために
小松・市野川・堀江編著 『〈反延命〉主義の時代』(現代書館)刊行を機に

【本紙イントロより】
 小松美彦、市野川容孝、堀江宗正三氏の編著『〈反延命〉主義の時代 安楽死・透析中止・トリアージ』が、現代書館より刊行された。「延命」に異を唱える潮流を「〈反延命〉主義」として批判的に検討し、その歴史的経緯やコロナ禍の現状も論じる一書である。刊行を機に編者に鼎談してもらった。本書の執筆者(発言者を含む)は雨宮処凛、市野川容孝、川島孝一郎、木村英子、児玉真美、小松美彦、笹月桃子、高草木光一、原朱美、堀江宗正、美馬達哉の各氏。(編集部)

================================================

8月の終わりにきわめてシリアスな鼎談特集です。〈反延命〉と銘打たれた書籍ですので当然医療現場に関わる問題が主になりますが、たとえば読者の皆様の記憶にも生々しい「相模原障害者殺傷事件」の判決をどうよむべきか、といった社会と人の命をどう考えるかといった議論も展開される非常に射程の長い鼎談です。
〈反延命〉主義とはなにか。冒頭、小松美彦さんによってこの文言について注釈が加えられます。
<もともと延命主義という思潮が存在していたが、それに異を唱える〈反延命〉主義が登場し、両者のイデオロギー対決があって現在を迎えている。このように誤解されることが懸念されます。しかし、歴史的な事実はそうではありません。傷病者を救命し延命することは医学の当為でした。ところがそれに反対する潮流が現れ、一九七〇年代からしだいに日本でも顕著になり、ここ十年で勢いを増してきました。そういう全体動向を、本書では〈反延命〉主義と呼んでいるのです。>
賛否が分かれる議論の連続です。今後よりさかんに行われるであろう命を巡る議論を考えるうえで参考になる特集をぜひこの機会にお読みください。

********************

【新刊紹介1】
新刊書籍『狂い咲く、フーコー 京都大学人文科学研究所 人文研アカデミー『フーコー研究』出版記念シンポジウム全記録+(プラス)』が今週発売しました。
2021年3月に刊行された『フーコー研究』(岩波書店)をめぐって、3月末に京都大学人文科学研究所主催で開催されたシンポジウム「狂い咲く、フーコー」の4時間半にわたる議論に、各発言者が加筆。400名にも及ぶ聴講者を集めたオンライン・シンポジウムの全記録。
最新号、小松・市野川・堀江鼎談でフーコーの「死の中への廃棄」批判がありますので、関連書籍的にも有用です。ぜひ日本のフーコー研究の最前線をご一読ください。

********************
【新刊紹介2】
タイアップ商品新刊・山本哲士著『ミシェル・フーコーの統治性と国家論 ー生政治/ 権力/ 真理と自己技術ー』メ(E.H.E.S.C 知の新書103)発売開始です。
 文化科学高等研究院ジェネラルディレクターの山本哲士氏の既刊を新書化するシリーズの新刊からもフーコー本が刊行されました。ぜひ弊社刊『狂い咲く、フーコー』とセットでいかがでしょうか。

********************

【ご案内】
メルマガ配信1年記念、PDF版専用クーポン発行中!
 おかげさまでご登録いただく読者様も毎週増えています。そこで日頃本メルマガをご愛読いただいている読者の皆様にささやかな感謝の気持ちとして当オンラインショップで使用できる300円クーポンを発行いたします。クーポンの有効期限は8月いっぱいまでですので、この機会にぜひ当オンラインショップに会員登録くださいますようお願いいたします。

============