NEWS

読書人7/2号発売です!

皆川博子インタビュー
<死と…彼らの生きた物語>
三部作完結!『インタヴュー・ウィズ・ザ・プリズナー』(早川書房)刊行を機に(1)(2)

■『鉄幹晶子全集』(全40巻、勉誠出版)完結を機に
寄稿=逸見久美・太田登・今野寿美・室井滋(8)

【今週の読物】
◇連載=「今日の演出家」(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)(聞き手=久保宏樹)(5)
◇連載=〈書評キャンパス〉谷崎潤一郎著『鍵』(山下菜々)(5)
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)(7)
◇連載=中平卓馬をめぐる50年目の日記(柳本尚規)(7)
◇連載=American Picture Book Review(堂本かおる)(7)

【今週の書評】
〈3面〉
▽中野裕考著『カントの自己触発論』(鵜澤和彦)
▽シンジルト/地田徹朗編著『牧畜を人文学する』(高倉浩樹)
▽加藤聖文著『海外引揚の研究』(南 誠/梁雪江)

〈4面〉
▽大阪大学アーカイブズ編『アーカイブズとアーキビスト』(中野目徹)
▽大串夏身著『まちづくりと図書館』(田村俊作)
▽柳沼時影著『ヘボン先生との対話』(黒川知文)

〈5面〉
▽パヴェウ・ヒュレ著『ヴァイゼル・ダヴィデク』(越野 剛)
▽高橋英夫著『テオリア1 批評の精神』(岡本勝人)
▽水田宗子著『白石かずこの世界』(和佐田道子)

〈6面〉
▽井口貢著『深掘り観光のススメ』(濱野 健)
▽田村景子編著『文豪たちの住宅事情』(伊藤和弘)
▽紀蔚然著『台北プライベートアイ』(千街晶之)

【最新号のご案内】
巻頭特集は
================================================
皆川博子インタビュー
<死と…彼らの生きた物語>
三部作完結!『インタヴュー・ウィズ・ザ・プリズナー』(早川書房)刊行を機に

【本紙イントロより】
『開かせていただき光栄です』『アルモニカ・ディアボリカ』に続く、エドワード・ターナー三部作の完結篇『インタヴュー・ウィズ・ザ・プリズナー』が早川書房から刊行された。舞台を十八世紀ロンドンから新大陸へ移し、謎解きの見事さに爽快さを、様々な不条理に憤りを、そして懸命に生きる人々への愛しさと悲しみを、存分に味わえる最新刊。作家生活五〇年目を迎える著者の集大成の歴史本格ミステリ。刊行を機に皆川博子氏に、メールインタビューをお願いした。※インタビューには物語の興趣に触れる部分がありますので、ご注意ください。(編集部)

================================================

本インタビューはメールでのやりとりなのでライブ感のある言葉の応酬はありませんが、皆川博子さんとインタビュアーを務めた編集部角南、双方の力のこもった文章のやりとりに引き込まれます。角南は質問の冒頭こんな言葉を綴っています。「――エドワード・ターナーの活躍は本当にこれで最後……と胸をふさがれる気持ちで読み終えました。」このフレーズはエドワード・ターナー三部作ファン全ての人に共通する思いなのではないでしょうか。
 皆川さんはインタビューを通じて、作品のモチーフ、自身の体験、物語の核心と執筆時の裏話など縦横無尽に綴ってくれています。皆川ファン、シリーズのファンは当然のこと、未読の方もひとりの作家のストーリーを知ることができるので楽しめる内容です。
 3世紀前のロンドンとアメリカが舞台のシリーズなのでその時代の習俗や価値観に想像力の翼を広げながら読む楽しみもあります。本インタビューは重厚な三部作ミステリを読むうえで格好のテキストになりますので、ぜひ皆川ワールドの一端をお楽しみください。

********************

【関連記事】
対談=伊藤詔子×西山智則
<短剣を手に、世界の終末を生き残る>
『【新編エドガー・アラン・ポー評論集】ゴッサムの街と人々 他』(小鳥遊書房)刊行をめぐって
================================================
 ポーのいたアメリカはエドワード・ターナーが物語で見たアメリカから少しあとの時代になります。アメリカの変遷をミステリのブラックな世界観で辿る、こういった横断的な楽しみができるのが文学の醍醐味でしょう。関連特集としてぜひお手にとってみてください。

********************

【ご案内】
 当オンライショップでは定期購読のパッケージも販売中です。新聞配達版《2ヶ月》《半年》《通年》とPDF配信版《通年》の4プランを用意しています。
 特にPDF配信版なら新聞配達版《通年》よりも1000円お得。発売のタイミング(通常金曜日)のAM9:00にダウンロードURLをメールでご案内します。場所を取らずに保管にも便利な定期購読PDF配信版《通年》ぜひお試しください。

********************