NEWS

読書人10/23号発売です!

横尾忠則ロングインタビュー
<霊性と、コロナと。――コロナのマイナス・エネルギーをプラス・エネルギーに変えて絵でも描きましょう>
『横尾忠則 創作の秘宝日記』(文藝春秋)刊行を機に

【今週の読物】
▽映画時評・10月(伊藤洋司)(3)
▽追悼・外山滋比古(井崎正敏)(10)
▽カタリココ文庫を語る(大竹昭子)(10)
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)(3)
◇連載=中平卓馬をめぐる50年目の日記 (柳本尚規)(3)
◇連載=「シネマテークの変貌」(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)(聞き手=久保宏樹)(5)
◇連載=〈書評キャンパス〉柳広司著『ジョーカー・ゲーム』(青山朋香)(5)
◇短期連載・没後50年大宅壮一をよむ①(阪本博志)(10)

【今週の書評】
 〈4面〉
▽三木健著『眉の清らさぞ神の島』(下嶋哲朗)
▽戸部良一著『戦争のなかの日本』(新谷 卓)
▽ケネス・J・ガーゲン著『関係からはじまる』(渡部昌平)

 〈5面〉
▽霜鳥慶邦著『百年の記憶と未来への松明』(細見和之)
▽河野真太郎編『暗い世界』(田中庸介)
▽逢坂剛著『鏡影劇場』(小谷野敦)

 〈6面〉
▽四方田犬彦著『愚行の賦』(島田裕巳)
▽ジョディ・カンター/ミーガン・トゥーイー著『その名を暴け』(永田浩三)
▽斜線堂有紀著『楽園とは探偵の不在なり』(若林 踏)

 〈7面〉
▽品田知美著『「母と息子」の日本論』(西村純子)
▽梅津齊著『浅利慶太』(高橋宏幸)
▽吉田純編/ミリタリー・カルチャー研究会著『ミリタリー・カルチャー研究』(日高勝之)

【最新号のご案内】
巻頭特集は
================================================
横尾忠則ロングインタビュー
<霊性と、コロナと。――コロナのマイナス・エネルギーをプラス・エネルギーに変えて絵でも描きましょう>
『横尾忠則 創作の秘宝日記』(文藝春秋)刊行を機に

【本紙イントロより】
美術家の横尾忠則氏が『横尾忠則 創作の秘宝日記』(文藝春秋)を刊行した。本紙連載「日常の向こう側 ぼくの内側」の二〇一六年五月九日から二〇二〇年六月十四日までの日記が収録されている。刊行を機に横尾氏にお話を伺った。夢、芸術、コロナとの共存、無為等々、強張った心身に余白と愉しさが生れる心地がする話。(編集部)
================================================

 本紙で好評連載中の横尾忠則「日常の向こう側 ぼくの内側」が単行本化! 読書人の出版ではないのがいささか残念ですが、横尾さんが毎週の送ってくれる一週間の日記の4年分が一気に読めるファン必携の一冊です。
 今回の特集は連載を担当している編集部の角南が横尾さんにお話を聞いています。以前の連載から数えて10年近く横尾番を務めている上、毎週の日記のやりとりも密に行っているので、質問内容も充実し、会話が弾みます。本書を紹介する記事という点では他の追随を許さない、非常に“濃い” インタビューになりました。
 最近の横尾さんのトレンドともいえる「WITH CORONA」のマスクアートについて横尾さんは次のように語ります。
「マスクアートは、動機はあったけれど、あまり深く考えずにはじめたことです。でも公開することで、周囲がどんどん意味をみつけて論理が独り歩きしていく。これもアートの社会的機能だと思うんですよね。」
 美術、読書、哲学、etc…… 横尾さんの「今」をぜひ本紙でお確かめください!
********************

【関連記事情報】
2015年11月20日号
横尾忠則×浅田彰対談
<死の側から生を見る画家>
高松宮殿下記念世界文化賞(絵画部門)受賞 記念アーティスト・トーク載録================================================

 横尾さんに登場いただいた特集はいくつかありますが、そのなかでも異色な対談をピックアップ。2015年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した際に行われた浅田彰さんとのトークセッションで美術家・横尾忠則の内面を深くえぐり出すディープな対談です。
 ********************

【新刊書籍のお知らせ】
 新刊『柄谷行人 発言集・対話篇』は11月12日発売! 知の巨人・柄谷行人がデビュー以来、半世紀にわたり重ねてきた対話から、これまでに刊行された単行本未収録の47人との貴重な対話を収録。
 発売まで約3週間を迎えました。すでにご予約がお済みの方はもう少々お待ち下さい。読書人オンラインショップ事前購入+数量限定の著者直筆のサイン本もおかげさまで予定準備数に迫っています。通常なら書店イベントなどでしか手に入らない柄谷さんの貴重なサイン本は発売日近辺になると申込みが増えることが見込まれますので、購入ご希望の方はぜひお早めにお申し込みください!