{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2021年11月19日号(3416号)

¥363 税込

送料についてはこちら

対談=岸政彦×古田徹也 <東京と生活史に導かれて> 岸政彦編『東京の生活史』(筑摩書房)刊行を機に 【今週の読物】 ◇連載=「「古典」としてのタランティーノ」(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)(聞き手=久保宏樹)(5) ◇連載=〈書評キャンパス〉レイ・ブラッドベリ著『華氏451度』(清水友世)(5) ◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)(8) ◇連載=中平卓馬をめぐる50年目の日記(柳本尚規)(8) ◇連載=戯史 平成紀〈十一月〉(安倍夜郎)(8) 【今週の書評】 〈3面〉 ▽菅孝行著『演劇で〈世界〉を変える』(内野 儀) ▽アントワーヌ・アルノー/ピエール・ニコル著『ポール・ロワイヤル論理学』(塩川徹也) ▽キャス・サンスティーン著『入門・行動科学と公共政策』(佐々木周作) 〈4面〉 ▽永井玲衣著『水中の哲学者たち』(今村純子) ▽信田さよ子著『アダルト・チルドレン』(野坂祐子) ▽安田浩一:文/金井真紀:文・絵『戦争とバスタオル』(石川理夫) 〈5面〉 ▽佐藤泰志著『光る道』(外岡秀俊) ▽大串尚代著『立ちどまらない少女たち』(秦美香子) ▽秋山基夫著『梟の歌』(福間健二) 〈6面〉 ▽レベッカ・クリフォード著『ホロコースト最年少生存者たち』(猪狩弘美) ▽島田一志編『コロナと漫画』(伊藤和弘) ▽東畑開人著『心はどこへ消えた?』(宮崎智之)   〈7面〉 ▽サイモン・セバーグ・モンテフィオーリ著『ロマノフ朝史 1613-1918』(藤林道夫)