{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2021年6月4日号(3392号)

¥363 税込

送料についてはこちら

中村文則インタビュー <表裏一体の世界で生きるために> 『カード師』(朝日新聞出版)刊行を機に(1)(2) ■対談=紅野謙介×日高昭二 <逸脱のクリエイティビティ> 曾根博義著『伊藤整とモダニズムの時代』(花鳥社)刊行を機に(10) 【今週の読物】 ▽図書館発!こんな本が面白い〈書評提供:図書館流通センター(TRC)〉(8・9) ▽三人論潮〈6月〉(板倉善之)(3) ▽文芸〈6月〉(川口好美)(5) ◇連載=「ベルイマンとヌーヴェルヴァーグ」(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)(聞き手=久保宏樹)(5) ◇連載=〈書評キャンパス〉ディディエ・エリボン著『ランスへの帰郷』(今西在知)(5) ◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)(7) ◇連載=中平卓馬をめぐる50年目の日記(柳本尚規)(7) ◇連載=American Picture Book Review(堂本かおる)(7) 【今週の書評】 〈3面〉 ▽近藤洋平著『正直の徒のイスラーム』(中田 考) ▽小林孝𠮷著『内村鑑三の聖書講解』(加藤 隆) 〈4面〉 ▽柴田優呼著『プロデュースされた〈被爆者〉たち』(仙波希望) ▽金彦鎬著/舘野晳監修『カラー版 世界書店紀行』(南陀楼綾繁) ▽伊藤整著/伊藤礼編『伊藤整日記1・2』(立石弘道) 〈5面〉 ▽松井茂著『虚像培養芸術論』(飯田 豊) ▽瀬尾夏美著『二重のまち/交代地のうた』(和合亮一) 〈6面〉 ▽ポール・B・トンプソン著『食農倫理学の長い旅』(熊坂元大) ▽小沼純一著『武満徹逍遥』(新垣 隆) ▽ドラウジオ・ヴァレーラ著『カランヂル駅』(西野智紀)