実利に基づく平和思想を唱えた人 対談=原田泰×和田みき子
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

実利に基づく平和思想を唱えた人 対談=原田泰×和田みき子

¥300 税込

※こちらはダウンロード商品です

20200329Ishibashitanzan_web.pdf

1.96MB

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件
 石橋湛山(1884~1973)は戦前、ジャーナリスト、エコノミストとして活躍し、東洋経済新報社の経営者としても手腕を奮い、戦後は政治家として蔵相、通産相、首相を務めた人物である。ここまでが教科書的な紹介になるだろう。あるいは戦前~戦後期の歴史に関心がある人ならば、石橋が唱えた「小日本主義」にも聞き覚えがあるかもしれない。  では石橋湛山はどのような経済政策を論じ、どのような意味を持っていたのか。当時のデータや多くの文献から丹念に紐解いた『石橋湛山の経済政策思想 経済分析の帰結としての自由主義、民主主義、平和主義』(日本評論社刊)が刊行された。  昭和恐慌の正しい理解と対処法とは。戦後インフレの原因は石橋の責任だったのか。本書著者で名古屋商科大学ビジネススクール教授、前日本銀行政策委員会審議委員の原田泰氏と明治学院大学社会学部付属研究所研究員の和田みき子氏に対談いただき、今日の石橋湛山理解を巡る諸問題などを話し合ってもらった。また昨年発表された両氏による論文「コロナ感染症と石橋湛山の医療体制論」(『自由思想』157号)に関連する話題も本対談後半部に掲載した。(編集部) ========================== ・本商品は、読書人WEB限定で公開中の記事の全文です。 ・商品購入後、PDFファイルをダウンロードいただけます。 ・本データは「読書人WEB」公開中のパートから記事が開始します。 ・WEB未公開パートは本データの9頁以降です。続きから読む場合は9頁に移動してからお読みください。