罪を背負って「生きる」こと 『私の中にいる』(講談社)刊行を機に 黒澤いづみインタビュー
5fcecb778a45726aaec2ab20

罪を背負って「生きる」こと 『私の中にいる』(講談社)刊行を機に 黒澤いづみインタビュー

¥200 税込

※こちらはダウンロード商品です

20201030kurosawaizumi.pdf

549KB

 作家の黒澤いづみさんが、二作目となる長編小説『私の中にいる』(講談社)を上梓した。  虐待から逃れるため、実の母親を殺してしまった羽山萌果。事件以降、彼女は人が変わったような言動をとり始める。原因は解離性同一性障害なのか?  刊行を機に、黒澤さんにお話を伺った。(編集部) ========================== ・本商品は、週刊読書人2020年10月30日号に掲載された記事の内容です。 ・購入後、PDFファイルをダウンロードいただけます。