2011年2月18日号(2877)PDF配信版
other
5f5b204637b0bc10511dd2dd

2011年2月18日号(2877)PDF配信版

¥273 税込

※こちらはダウンロード商品です

20110218_all.pdf

72.4MB

▼特集▼ 小谷野敦氏インタビュー <「芥川賞」について> 『きことわ』『苦役列車』『母子寮前』のこと、選評、選考委員のこと <今週の読物> ■1面  ◆連載=離島航路/百々 武<第24回>「新潟県 『佐渡島』 2004年」 (どど・たけし氏=写真家) ■3面  ◆連載=町の本屋さん<第36回>窪 美澄/思春期真っ盛り・新宿篇「新宿紀伊國屋書店」 (くぼ・みすみ氏=作家)  ◆連載=ニュー・エイジ登場<第362回>舞田敏彦「自分の使命を求めて―統計で記述する教育現実」       (まいた・としひこ氏=武蔵野大学、杏林大学、武蔵野学院大学兼任講師。著書『47都道府県の子どもたち』武蔵野大学出版会刊行、など)  ◆連載=著者から読者へ/真船きょうこ著『仏像に恋して』(新人物往来社)                   ―「御利益ある?かも!―拝観女子旅コミックエッセイ」  (まふね・きょうこ氏=漫画家)  ◆受賞=第56回青少年読書感想文 全国コンクール 表彰式開かる(2月4日、東京・千代田区)        /毎日新聞社・(社)全国学校図書館協議会主催、内閣府・文部科学省後援、サントリーホールディングス㈱協賛。 ■7面  ◆連載=活字シアター<第393回>      ◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第27回> ■8面  ◆連載=元気に、出版。出版、元気に。/森 彰英/雑誌「ラジオ深夜便」は音と活字の融合で王道を歩む(上)  (もり・あきひで氏=フリーライター)          ※「ラジオ深夜便」=月刊誌。毎月18日発売。NHKサービスセンター刊行。  ◆出版メモ=◎二玄社刊行『ほっとする 親鸞聖人のことば』(文/真宗大谷派・僧侶・川村妙慶氏)          ◎河出書房新社刊行・岡本太郎生誕100年記念作品集『岡本太郎爆発大全』(監修/椹木野衣、2月25日刊行予定)  ◆読書界=(社)家の光協会調査発表「第65回全国農村読書調査報告書」刊行  ◆読書人登場=増田秀夫氏(長崎県諫早市)「本は人間形成の醍醐味」  ◆募集してます=「中国人の頭の中―『西太后』の時代から考える」受講生募集(講師・加藤徹氏/3月26日13時30分~予定)     ※受講料2500円/要予約/東京・中央公論新社1階ホールにて/詳細:℡.03-3563-2127、Fax.03-3567-3904 <今週の書評> 著者・書名・出版社・評者 ■4面 学術・思想  ◆マルティン・ハイデガー著『現象学の根本問題』(作品社)          /池田 喬(東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」(UTCP)特任研究員)  ◆スラヴォイ・ジジェク著『暴力 ―6つの斜めからの省察』(青土社)/小倉利丸(冨山大学教員)  ◆酒井直樹・磯前順一編『「近代の超克」と京都学派―近代性・帝国・普遍性』(以文社)/鈴木 正(名古屋経済大学名誉教授)  ◆新城郁夫著『沖縄を聞く』(みすず書房)/小暮修三(東京海洋大学教員) ■5面 文学・芸術  ◆芥川賞受賞の二作を読む―朝吹真理子著『きことわ』(新潮社)、西村賢太著『苦役列車』(新潮社)/坂上秋成(文芸評論家)  ◆東アジア文学フォーラム日本委員会編『いまは静かな時―韓国現代文学選集』(トランスビュー)、   『イリーナの帽子―中国現代文学選集』(トランスビュー)/川村 湊(文芸評論家)  ◆荒木正純著『「羅生門」と廃仏毀釈―芥川龍之介の江戸趣味と実利主義の時代』(悠書館)/平岡敏夫(筑波大学名誉教授) ■6面 読物・文化  ◆小林恒也著『出版のこころ―布川角佐衛門の遺業』(展望社)/清水英夫(青山学院大学名誉教授)  ◆トリストラム・スチュアート著『世界の食料ムダ捨て事情』(NHK出版)/天笠啓祐(ジャーナリスト)  ◆川口盛之助著『世界が絶賛する「メイド・バイ・ジャパン」』(ソフトバンク クリエイティブ)/武田 徹(評論家)  ◆鳥羽耕史著『1950年代―「記録」の時代」』(河出書房新社)/楜沢 健(文芸評論家)