2011年5月27日号(2890)PDF配信版
other
5f5b0e9df9c590557c41027b

2011年5月27日号(2890)PDF配信版

¥273 税込

※こちらはダウンロード商品です

20110527_all.pdf

95.9MB

▼特集▼ 伊高浩昭・柳原孝敦対談 <キューバ、カストロ以後> 社会主義革命から50年、フィデル・カストロの引退と自伝の翻訳刊行(岩波書店)を機に <今週の読物> ■1面  ◆連載=離島航路<第37回>/百々 武「沖縄県 池間島 2005年」 (どど・たけし氏=写真家) ■3面 ◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第5回>/横尾忠則        「ぼくの守護天使(ガーディアンエンジェル)」 (よこお・ただのり氏=美術家) ◆連載=ニュー・エイジ登場<第366回>松井 周「結婚式、葬式、あるいは祭り」   (まつい・しゅう氏=俳優、劇作家、演出家。劇団サンプル主宰。第55回岸田國士戯曲賞・受賞作『自慢の息子』白水社刊行。)  ◆新連載=文学の時<五月>/安倍夜郎 (あべ・やろう氏=漫画家)  ◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第2回>/椎根 和        「…海外ブランドブーム、銀座の景観、ビルの勢力図を書き換えた…ハナコという雑誌」                               (しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者)  ◆『絵本 マボロシの鳥』(講談社)藤城清治氏・太田光氏 刊行記者会見(5月18日、講談社にて)        ―太田光氏著『マボロシの鳥』(新潮社)が藤城清治氏の影絵絵本となり刊行。        ※「藤城清治自宅スタジオ展」開催中/展示:『マボロシの鳥』の原画を含む60点        /期間:6月12日まで(東京・目黒区)/問合先:電話03-3718-7111 ■6面  ◆映画「手塚治虫のブッダ―赤い砂漠よ!美しく―」公開を機に―    エッセイ/大下英治「みごとな大スぺクタクルストーリーに」 (おおした・えいじ氏=作家)         /三田誠広「手塚治虫の奥深い哲学に包み込まれる」                                   (みた・まさひろ氏=作家・武蔵野大学教授)         /竹内オサム「生の現実と真摯に向きあった者にしか描けない作品」                            (たけうち・おさむ氏=マンガ研究家、同志社大学教授)     ※原作(『ブッダ』潮出版社)=手塚治虫、監督=森下孝三、5/28日より映画公開。 ■8面  ◆連載=活字シアター<第405回>         ◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第39回> ◆連載=田原総一朗の取材ノート/田原総一朗「弱点が露呈して原発事故が…」                                 (たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)  ◆出版メモ=二玄社刊行『岡本太郎と日本の祭り』(川崎市岡本太郎美術館編)  ◆読書人登場=中村吉朗(教師)「人生を決定づけた『点と線』(松本清張作品)」  ◆受賞=第24回三島由紀夫賞・山本周五郎賞 受賞作発表(5月17日、東京・虎ノ門にて) <今週の書評> ■4面<学術・思想>  ◆著:廣川和花『近代日本のハンセン病問題と地域社会』(大阪大学出版会)   /評:鈴木晃仁(慶應義塾大学教授)  ◆著:西部 忠『資本主義はどこへ向かうのか―内部化する市場と自由投資主義』(NHK出版)   /評:塚本恭章(愛知大学経済学部専任助教)  ◆著:アントニー・ビーヴァー『スペイン内戦― 1936-1939』(みすず書房)   /評:深澤安博(茨城大学教授) ■5面<文学・芸術>  ◆著:池上貞子『張愛玲 愛と生と文学』(東方書店)/評:垂水千恵(横浜国立大学教授)  ◆著:井桁貞義『ドストエフスキイと日本文化―漱石・春樹、そして伊坂幸太郎まで』(教育評論社)   /評:山城むつみ(文芸評論家)  ◆著:立松和平・立松和平エッセイ集『旅暮らし』『仏と自然』『いい人生』(野草社発行・新泉社発行)   /評:黒古一夫(文芸評論家)  ◆著:磯?憲一郎『赤の他人の瓜二つ』(講談社)   /評:今井清人(文芸評論家、青山学院女子短期大学兼任講師)  ■7面<読物・文化>  ◆著:須藤義人『久高オデッセイ ―遥かなる記録の旅』(晃洋書房)   /評:島薗 進(東京大学大学院教授)  ◆著:カルロ・フェルトリネッリ『フェルトリネッリ―イタリアの革命的出版社』(晶文社)   /評:北原 敦(北海道大学名誉教授)  ◆著:朽木ゆり子『ハウス・オブ・ヤマナカ ―東洋の至宝を欧米に売った美術商』(新潮社)   /内藤正人(慶應義塾大学教授)  ◆編著:佐倉 統『科学の横道』(中央公論新社)/緑 慎也(ライター)