2011年6月17日号(2893)PDF配信版
other
5f5b0be42742d70a76ac2eae

2011年6月17日号(2893)PDF配信版

¥273 税込

※こちらはダウンロード商品です

20110617_all.pdf

74.8MB

▼特集▼ ◇柄谷行人氏ロングインタビュー<反原発デモが日本を変える> ▼今週の読物▼ ■1面◆連載=離島航路<最終回>/百々 武「宮城県 寒風沢島 2011年」        ※百々武氏の「連載を終えて」を7面に掲載。   (どど・たけし氏=写真家) ■3面◆『西洋古典叢書2011』(全7冊・京都大学学術出版会)刊行開始を機に―    ◎叢書の意義について―/田中秀夫/21世紀の知的インフラ構築を目指す                 (たなか・ひでお氏=京都大学教授。京都大学学術出版会理事)         /南川高志/古代の生を伝える新しい「西洋古典」                 (みなみかわ・たかし氏=京都大学教授。編集委員)    ◎本シリーズ刊行当初を振り返って―         /鈴木哲也/「本物」を待つ人々に―あるいは「ビジネスとしての」西洋古典叢書                 (すずき・てつや氏=京都大学学術出版会専務理事) ■5面◆新刊紹介=森朝男・古橋信孝著『残したい日本語』(青灯社刊行) ■7面◆「離島航路」連載を終えて/百々 武      ―2010年8月27日号・第1回 鹿児島県・屋久島より今週・最終回 宮城県・寒風沢島まで。                                             (どど・たけし氏=写真家) ◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第8回>/横尾忠則        「自画像―自己の神話化?自伝的なヒトコマ?」 (よこお・ただのり氏=美術家)  ◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第5回>/椎根 和                     (しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者)  ◆連載=読写(どくしゃ)!一枚の写真から<第3回>/岩尾光代        「大正四年四月五日の飛行機事故現場の写真」                              (いわお・みつよ氏=ジャーナリスト)  ◆フォト&アート/ウンベルト・エーコ編著、川野美也子訳 『芸術の蒐集』(東洋書林刊行) ■8面◆連載=活字シアター<第408回>        ◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第42回>  ◆連載=元気に、出版。出版、元気に。/森 彰英        「唯一の活字専門メディアとしてこの正念場をしのぐ雑誌『相撲』(上)」           ※『相撲』(ベースボール・マガジン社刊行)                             (もり・あきひで氏=フリーライター)  ◆出版メモ=社団法人全国出版協会・出版科学研究所から刊行         『出版指標年報 2011年版』―業界人必携、出版界がわかるデータブック  ◆募集してます=第20回やまなし文学賞作品募集/詳細:本紙8面に掲載 ▼今週の書評▼ ■4面<学術・思想>◆著:小野寺史郎   『国旗・国歌・国慶―ナショナリズムとシンボルの中国近代史』(東京大学出版会)    評:関 智英(東京大学大学院博士課程)  ◆著:福島 勲『バタイユと文学空間』(水声社)/評:濱野耕一郎(青山学院大学准教授)  ◆著:ハリー・ハルトゥーニアン   『歴史の不穏―近代、文化的実践、日常生活という問題』(こぶし書房)    評:長谷川亮一(東邦大学非常勤講師)  ◆著:佐々木 中『足ふみ留めて―アナレクタ 1』(河出書房新社)    評:栗原裕一郎(評論家) ■5面<文学・芸術>◆著:小谷野 敦『久米正雄伝―微苦笑の人』(中央公論新社)    評:関口安義(文芸評論家、都留文科大学名誉教授)  ◆著:ジェイ・ルービン『風俗壊乱―明治国家と文芸の検閲』(世織書房)    評:佐藤 泉(青山学院大学教授)  ◆著:梨木香歩『僕は、そして僕たちはどう生きるか』(理論社)    評:東 直子(歌人・作家) ■6面<読物・文化>◆ウィキリークス関連書を読む―    著:ダニエル・ドムシャイト・ベルク『ウィキリークスの内幕』(文藝春秋)    著:「ガーディアン」特命取材チーム、デヴィッド・リー、ルーク・ハーディング     『ウィキリークス アサンジの戦争』(講談社)    著:マルセル・ローゼンバッハ、ホルガー・シュタルク     『全貌ウィキリークス』(早川書房)    著:上杉 隆     『ウィキリークス以後の日本―自由報道協会(仮)とメディア革命』(光文社)    評:水口義朗(文芸評論家)  ◆著:今道友信『教えるこころ―新しい時代の教育への提言』(女子パウロ会)    評:笹川隆司(玉川大学教授)  ◆著:坂東眞理子・上野千鶴子『女は後半からがおもしろい』(潮出版社)    評:千田有紀(武蔵大学教授)