2011年8月12日号(2901)PDF配信版
other
5f5b0395f9c590557c410136

2011年8月12日号(2901)PDF配信版

¥273 税込

※こちらはダウンロード商品です

20110812_all.pdf

73.9MB

▼特集▼ 森彰英・松井今朝子=対談 <日本には稀有の実践的芸術家> 『武智鉄二という藝術 あまりにコンテンポラリーな』(水曜社)の刊行で異色な巨人の全貌を語る <今週の読物> ■1面 ◆連載=彩祭流転<第6回> /下平竜矢 東京都豊島区「長崎の獅子舞」2005年(しもひら・たつや氏=写真家) ■3面 ◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第16回> /横尾忠則「サンクチュアリの事件」(よこお・ただのり氏=美術家) ◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第13回> /椎根 和(しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者) ◆藤山一郎生誕百年に寄せて /菊池清麿「甦る栄光の軌跡 ―究極の歌唱芸術の神髄と日本の音楽への功績」(きくち・きよまろ氏=音楽評論家・歴史家) ◆筆者から読者へ /清宮礼子「大切なひとのためにできること ―がんと闘った家族の物語」(せいみや・あやこ氏=松竹株式会社映画宣伝部) ◆「日本哲学資料集(ハワイ大学出版局) ―Japanese Philosophy:A Sourcebook」刊行記念シンポジウム開催 /東京大学駒場キャンパス・ファカルティハウスにて ■4面 ◆スポットライト=ヘザー・ユーイング著「スミソニアン博物館の誕生」 ■6面 ◆新刊紹介=R・バロウ著『はじめてのキング牧師』(教文館) ■7面 ◆新刊紹介=中村秀樹著『尖閣諸島沖海戦 ―自衛隊は中国とこのように闘う』(光人社) ◆新刊紹介=久松健一著『書物奇縁』(日本古書通信社) ◆連載=活字シアター<第417回> ◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第51回> ■8面 ◆田原総一朗の取材ノート /田原総一朗「横尾忠則さんの小説の才能」(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家) ◆連載=元気に、出版。出版、元気に。 /森 彰英「反原発・市民科学者 高木仁三郎と七つ森書館の25年㊤」(もり・あきひで氏=フリーライター) ◆トピック=シンポジウム「坂本龍馬なら今の日本をどう活性化するか」開催 /石橋信夫記念館文化フォーラム第4回 ◆出版界=第18回東京国際ブックフェア開催 /7月7日~10日東京ビックサイトにて ◆出版メモ=アールズ出版刊行 平野ユーレイ・齋藤ゾンビ著『お化け屋敷のつくり方』 <今週の書評> ■4面<学術・思想> ◆著:小松英雄『平安古筆を読み解く ―散らし書きの再発見』(二玄社) /評:森岡 隆(筑波大学大学院教授) ◆編著:宇佐美 誠・濱 真一郎『ドゥオーキン ―法哲学と政治哲学』(勁草書房) /評:福間 聡(東京大学大学院特任研究員) ◆編著:野口昌夫/著:石川 清・稲川直樹・桑木野 幸司・赤松 加寿江『ルネサンスの演出家 ヴァザーリ』(白水社) /評:鈴木隆之(作家・建築家) ■5面<文学・芸術> ◆著:サミュエル・R・ディレイニー『ダールグレン Ⅰ・Ⅱ』(国書刊行社) /評:藤田直哉(SF評論家) ◆著:川崎 徹『会話のつづき ―ロックンローラーへの弔辞』(講談社) /評:石関 善治郎(フリー編集者) ◆著:金子幸代『?外と近代劇』(大東出版社) /評:川戸道昭(中央大学教授) ◆著:岳 真也『小説 帝都復興』(PHP研究所) /評:水口義朗(文芸評論家) ■6面<読物・文化> ◆著:橋口 侯之介『和本への招待 ―日本人と書物の歴史』(角川学芸出版) /評:磯部 敦(奈良女子大学准教授) ◆著:近藤 祐『洋画家たちの東京』(彩流社) /評:新畑泰秀(石橋財団ブリヂストン美術館学芸課長) ◆著:塩澤実信『昭和の流行歌物語』(展望社) /評:新井 恵美子(ノンフィクション作家) ◆著:都築響一『演歌よ今夜も有難う ―知られざるインディーズ演歌の世界』(平凡社) /評:きむ いっきょん(人間文化学者) ■7面<学術・文学> ◆著:金井淑子『依存と自立の倫理 ―<女/母>の身体性から』(ナカニシヤ出版) /評:森岡正博(哲学者・大阪府立大学教授) ◆著:竹内修一『死刑囚たちの「歴史」 ―アルベール・カミュ『反抗的人間』をめぐって』(風間書房) /評:三野博司(奈良女子大学教授) ◆著:玉袋 筋太郎『新宿スペースインベーダー ―昭和少年凸凹伝』(武田ランダムハウスジャパン) /評:泉 麻人(コラムニスト)