2011年9月16日号(2906)PDF配信版
other
5f5afe0a9d28424286e0e7bc

2011年9月16日号(2906)PDF配信版

¥273 税込

※こちらはダウンロード商品です

20110916_all.pdf

73.7MB

▼特集▼ ノンフィクション作家・角幡唯介氏インタビュー <探検―"生"の輝く瞬間を> 『雪男は向こうからやって来た』(集英社)刊行を機に <今週の読物> ■1面 ◆連載=彩祭流転<第10回>/下平竜矢 神奈川県横須賀市 「虎踊り」2006年(しもひら・たつや氏=写真家) ■3面 ◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第20回>/横尾忠則 「前近代」と「モダニズム」 (よこお・ただのり氏=美術家) ◆連載=読写(どくしゃ)!一枚の写真から<第6回>/岩尾光代 写真「船上からアメリカの陸を見ている日本人移民の一団 上陸許可を拒否され日本に追い還される人々」 (いわお・みつよ氏=ジャーナリスト) ◆フォト&アート 篠野志郎編著「東アナトリアの歴史建築 Stone Arks in Oblivion」(彩流社) ◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第17回>/椎根 和 (しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者) ◆著者から読者へ=持続可能な社会のために/足立直樹 足立直樹著『もう空気は読まなくていい―ポスト3・11を生き抜くために』 (ワニ・プラス発行、ワニブックス発売) (あだち・なおき氏=サステナビリティ・プランナー) ■6面 ◆特集=小関与四郎写真集『クジラ解体』(春風社)刊行に寄せて― 山本一力氏「クジラに愛情を抱いている一冊」 (やまもと・いちりき氏=作家) 小関新人氏「2011年 日本捕鯨の危機」 (こせき・あらと氏=ジャーナリスト。早稲田大学メディア文化研究所招聘研究員) 佐々木幹郎氏「巨大なものへの祈りを撮る」 (ささき・みきろう氏=詩人) ■8面 ◆田原総一朗の取材ノート/田原総一朗 「新しいかたちの“近代の超克”」 (たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家) ◆連載=活字シアター<第420回> ◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第54回> ◆出版メモ   専修大学出版局刊行 日?義博著『読書と人生 刑法学者による百学百話』   吉川弘文館刊行 江原絢子・東四柳祥子『日本の食文化史年表』 ◆受賞=☆第18回小学館ノンフィクション大賞 贈賞式開催(9月2日、東京) 大賞=河野啓氏『北緯43度の雪』、小倉孝保氏『柔の恩人―「女子柔道の母」ラスティ・カノコギが夢見た世界』(受賞作は小学館から単行本で刊行される) ☆第21回Bunkamuraドゥマゴ文学賞決定(2011年度) 受賞作=磯?憲一郎氏『赤の他人の瓜二つ』(講談社) ☆第57回角川俳句賞・第57回角川短歌賞決定 角川俳句賞=永瀬十悟氏『ふくしま』、角川短歌賞=立花開氏『一人、教室』 ☆創立100年記念 拡大版(第18回)三田文学新人賞決定 小説部門・当選作=長野慶太氏『女子行員・滝野』、評論部門・当選作=金子遊氏『弧状の島々 ソクーロフとネフスキー』 ◆催しもの=「土門拳の古寺巡礼」 (主催:財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団) ・会場:八王子市夢美術館(東京・八王子市八日町8-1) ・日時:9月16日~11月23日 ・お問合せ:同館・電話.042-621-6777 ・※写真作品展観。他に講師によるギャラリートークを開催予定(10/20日、11/6日、11/18日) <今週の書評> ■4面<学術・思想> ◆著:蔵持不三也『英雄の表徴―大盗賊カルトゥーシュと民衆文化』(新評論) 評:池上俊一(東京大学大学院教授) ◆著:木本好信『藤原仲麻呂―率性は聡く敏くして』(ミネルヴァ書房) 評:中川 收(北海道薬科大学名誉教授) ◆編:平野健一郎・土田哲夫・村田雄二郎・石之渝『インタビュー 戦後日本の中国研究』(平凡社) 評:関 智英(東京大学大学院博士課程) ◆編:新井一寛・岩谷彩子・葛西賢太『映像にやどる宗教、宗教をうつす映像』(せりか書房) 評:毛利嘉孝(東京藝術大学准教授) ■5面<文学・芸術> ◆著:古川日出男『馬たちよ、それでも光は無垢で』(新潮社) 評:町口哲生(評論家・哲学専攻) ◆著:山内令南『癌だましい』(文藝春秋) 評:近藤裕子(東京女子大学准教授) ◆著:テリー・イーグルトン『詩をどう読むか』(岩波書店) 評:福間健二(詩人・映画監督・文化研究者) ◆著:関 ?子『女性表象の近代―文学・記憶・視覚像』(翰林書房) 評:金井景子(早稲田大学教授) ■7面<読物・文化> ◆著:辺見 庸『水の透視画法』(共同通信社) 評:高橋哲哉(東京大学教授) ◆著:遠山 啓『算数の探検 全10巻』(日本図書センター) 評:角 大輝(大阪大学大学院准教授) ◆著:ひこ・田中『ふしぎなふしぎな子どもの物語―なぜ成長を描かなくなったのか?』(光文社) 評:長山靖生(文芸評論家) ◆著:伊東幸夫 編:藤井秀男『東京都ガラクタ区お宝村』(エコール・セザム) 評:飯田裕康(映画専門大学院大学教授)