2011年10月7日号(2909)PDF配信版
other
5f5afb928093396e36351856

2011年10月7日号(2909)PDF配信版

¥294 税込

※こちらはダウンロード商品です

20111007_all.pdf

88.3MB

▼特集▼ 中沢新一氏ロングインタビュー <脱原発と「緑の党」設立> マニフェストとしての『日本の大転換』(集英社) <今週の読物> ■1面 ◆連載=彩祭流転<第13回>/下平竜矢 茨城県かすみがうら市「へいさんぼう」2009年(しもひら・たつや氏=写真家) ■3面 ◆文芸同人誌評=白川正芳 松田解子「敗戦日記」(「民主文学」10月号)、沢昌子「帰る家は十八階」(「回転木馬」21号)ほか。 (しらかわ・まさよし氏=文芸評論家) ◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第23回>/横尾忠則 「実験報告」 (よこお・ただのり氏=美術家) ◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第20回>椎根 和  (しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者) ◆編者から読者へ=江原絢子 /食物、先祖から託された命― 江原絢子、東西柳祥子編『日本の食文化史年表』(吉川弘文館) (えはら・あやこ氏=東京家政学院大学名誉教授) ◆フォト&アート=石津ちひろ なぞなぞ、なかざわくみこ え 『なぞなぞのみせ』(偕成社) ■6面 ◆特集=読書人出版情報「アメリカ文学・研究書特集」 第50回日本アメリカ文学会全国大会開催に寄せて/入子文子 「今、このとき、文学は何をするものか」 (いりこ・ふみこ氏=関西大学教授) ■7面 ◆特集=藤原直氏・尾形陽子氏・中沢孝之氏 座談会/司会・西村彩枝子氏 ―第97回全国図書館大会・多摩大会開催を前に(10月13・14日、東京・調布市)― /3・11の東日本大震災の被災地の図書館・書店の現状、今後の可能性は~ ※藤原直氏=仙台市・金港堂書店社長。尾形陽子氏=多賀城市立図書館職員。中沢孝之氏=群馬県草津町立図書館司書。西村彩枝子氏=日本図書館協会理事・東日本大震災対策委員会。 ■9面 ◆連載=活字シアター<第423回> ◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第57回> ■10面 ◆連載=気仙沼支援記<第7回>西野一夫 「園児たちのこと ②」 (にしの・かずお氏=日本図書館協会・常務理事) ◆連載=元気に、出版。出版、元気に。/森 彰英 「ジャーナリスト矢崎泰久 状況のなかを駆け抜け続けて55年(中)」 ―70年代前半に最盛期迎えた「話の特集」  (もり・あきひで氏=フリーライター) ◆出版メモ=二玄社刊行『HONDA 明日への挑戦―ASIMOから小型ジェット機まで』 瀬尾央・道田宣和・生方聡著 <今週の書評> ■4面<学術・思想> ◆著:福田和也『昭和天皇 第五部―日米交渉と開戦』(文藝春秋) 評:苅部 直(東京大学教授) ◆著:ウルリッヒ・ベック『<私>だけの神―平和と暴力のはざまにある宗教』(岩波書店) 評:橋爪大三郎(東京工業大学教授) ◆著:山本義隆『福島の原発事故をめぐって―いくつか学び考えたこと』(みすず書房) 評:猪野修治(湘南科学史懇話会代表) ◆著:和田敦彦『越境する書物―変容する読書環境のなかで』(新曜社) 評:長谷川 一(明治学院大学准教授) ■5面<文学・芸術> ◆著:清水アリカ『清水アリカ全集』(河出書房新社) 評:池田雄一(文芸評論家) ◆編:小森潔・津島知明『枕草子 ―創造と新生』(翰林書房) 評:土方洋一(青山学院大学教授) ◆著:菱川善夫『未来への投弾 時評と文明論―菱川善夫著作集8』(沖積舎) 評:大野道夫(歌人・社会学者) ◆著:勝見洋一『餞』(幻戯書房) 評:勝又 浩(文芸評論家) ■8面<読物・文化> ◆著:アントニー・ビーヴァー『ノルマンディー上陸作戦 1944 上・下』(白水社) 評:桃井和馬(写真家・ジャーナリスト) ◆著:スティーブン・ソロモン『水が世界を支配する』(集英社) 評:緑 慎也(ライター) ◆著:齋藤芽生『徒花図鑑』(芸術新聞社) 評:日和聡子(詩人・小説家) ◆著:大原哲夫『チェリスト、青木十良』(飛鳥新社) 評:岩野裕一(編集者・音楽ジャーナリスト)