2011年12月9日号(2918)PDF配信版
other
5f5adfe837b0bc08841dd4b8

2011年12月9日号(2918)PDF配信版

¥273 税込

※こちらはダウンロード商品です

20111209_all.pdf

72.8MB

▼特集▼ ◇特集=吉本隆明氏ロングインタビュー「持続する思考、生きた言葉」 『試行』創刊五十年、『完本 情況への発言』(洋泉社)刊行を機に ※よしもと・たかあき氏=詩人・思想家、東京工業大学世界文明センター特任教授。東京工業大学卒。著書に『吉本隆明全詩集』『定本 言語にとって美とはなにかⅠ・Ⅱ』『共同幻想論』『心的現象論序説』『ハイ・イメージ論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』『最後の親鸞』『アフリカ的段階について』『夏目漱石を読む』『老いの流儀』『人生とは何か』など。1924年生まれ。 ▼今週の読物▼ ■1面 ◆連載=彩祭流転<第22回>/下平竜矢(しもひら・たつや氏=写真家) 山梨県笛吹市「米倉人形三番叟」2010年  ■3面 ◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第32回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家) 「デュシャンとアラビアンナイト」 ◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第29回>椎根和(しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者) ◆文学の時=安倍夜郎<十二月>(あべ・やろう氏=漫画家) 12月27日 ピーターパンの日 1904年同日、ジェームズ・バリー作の童話劇「ピーター・パン」がロンドンで初演」  ◆映画時評<12月>/伊藤洋司(いとう・ようじ氏=中央大学准教授) 真利子哲也監督作品『NINIFUNI』。他に『トーキョードリフター』『おばあちゃん女の子』『世界の現状』など。  ◆連載=本の国へようこそ<第18回>「クリスマス」 ◎クレメント・C.・ムーア作 ロジャー・デュボアザン絵 こみやゆう訳  『クリスマスのまえのよる』(主婦の友社) ◎クレメント・C.・ムーア作 ロバート・イングペン絵 柳瀬尚紀訳  『聖ニコラスがやってくる!』(西村書店) ◎アニー・M・G・シュミット作 フィープ・ヴェステンドルプ絵  『イップとヤネケ シンタクラースがやってくる!』(岩波書店) ◎エスター・アベリル絵・作  『黒ネコジェニーのおはなし1 ジェニーとキャットクラブ』(福音館書店) ◎西尾哲夫訳・再話/茨木啓子再話  『子どもに語るアラビアンナイト』(こぐま社) ◎M・センダック作 じんぐうてるお訳  『ちいさなちいさなえほんばこ』(冨山房) ◎エルゼ・ヴェンツ・ヴィエトール作・絵  『クリスマスのてんし』(徳間書店) ◎フェーリクス・ホフマン絵 P・エーリスマン文  『聖書物語』(日本基督教団出版局) 選書協力/銀座教文館 子どもの本のみせ ナルニア国 店長・川辺陽子さん ■6面 ◆新刊紹介=湯本豪一著 『風刺漫画で日本近代史がわかる本』(草思社) ■7面 ◆特集=『ユダヤ人大虐殺の証人ヤン・カルスキ』(河出書房新社)著者ヤニック・エネル氏インタビュー ※ヤニック・エネル氏=作家。1967年フランス・レンヌ市生まれ。フランス語の教師を経て文筆活動に入る。2007年刊行の長編小説“Cercle”で十二月賞とロジェ・ニミエ賞を受賞。本書で2009年度アンテラリエ賞およびフナック賞を受賞。 ◆受賞 ◎第21回Bunkamura ドゥマゴ文学賞 授賞式  (11月25日 東京・渋谷区Bunkamuraにて) ◆連載=活字シアター<第431回> ◎仏教書出版四〇〇年の「本屋」法藏館の巻<第5回> ■8面 ◆田原総一朗の取材ノート/田原総一朗(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家) 「マスコミのルール違反に困惑」 ◆元気に、出版。出版、元気に。=塩澤実信(しおざわ・みのぶ氏=出版評論家) 西村書店 ―「時代の波を経て残る本」を刊行する ◆受賞 ◎第59回菊池寛賞 贈呈式  (12月2日 東京・虎ノ門ホテルオークラにて) ◎第6回女性史学賞 決定  (贈呈式は2012年1月7日 京都市にて) ◆『羽仁もと子案 家計簿』(婦人之友社)から 被災地支援につながる「公共費」 ▼今週の書評▼ ■4面<学術・思想> ◆著:國分功一郎『暇と退屈の倫理学』(朝日出版社) 評:大橋完太郎(神戸女学院大学教員) ◆著:菅野敦志『台湾の国家と文化 ―「脱日本化」・「中国化」・「本土化」』(勁草書房) 評:丸川哲史(明治大学教授) ◆編:神崎繁・熊野純彦・鈴木 泉『西洋哲学史Ⅰ ―「ある」の衝撃からはじまる』(講談社) 評:森一郎(東京女子大学教授) ◆著:小宮正安『オーケストラの文明史 ―ヨーロッパ三千年の夢』(春秋社) 評:下山静香(桐朋学園大学非常勤講師・ピアニスト) ■5面<文学・芸術> ◆著:村田 沙耶香『ハコブネ』(集英社) 評:坂上秋成(文芸批評家) ◆著:中村文則『王国』(河出書房新社) 評:田中和生(文芸評論家) ◆著:アリー・コンディ『カッシアの物語』(プレジデント社) 評:武者圭子(翻訳家) ◆著:岩崎宗治『薔薇と亡霊 ―英語圏の詩人たち』(国文社) 評:太田雅孝(大東文化大学教授) ■6面<読物・文化> ◆著:浅見雅男『不思議な宮さま ―東久邇宮稔彦王の昭和史』(文藝春秋) 評:三宅正樹(明治大学名誉教授) ◆著:奥武則『メディアは何を報道したか ―本庄事件から犯罪報道まで』(日本経済評論社) 評:藤森研(専修大学教授) ◆編:株式会社竹尾/監修:竹尾ペーパーショウコミッティ『本 ―TAKEO PAPER SHOW 2011』(平凡社) 評:永江朗(評論家) ◆著:ハンス・ウルリッヒ・オブリスト/文:坪内祐三『アイ・ウェイウェイは語る』(みすず書房) 評:松井茂(詩人・東京藝術大学大学院映像研究科)