「消費」と街、人との関係を見つめ直す インタビュー=三浦展
5f2b6794791d0267e6eaa6c0

「消費」と街、人との関係を見つめ直す インタビュー=三浦展

¥200 税込

※こちらはダウンロード商品です

20200717Muiura_kakusa.pdf

1.06MB

現代の日本社会における消費や階層、都市や郊外、家族や若者について長年研究し、社会デザインを提案している消費社会研究家の三浦展氏が、このほど『コロナが加速する格差消費 分断される階層の真実』(朝日新書)、『愛される街 続・人間の居る場所』(而立書房)を上梓した。前者では詳細なデータに基づいてバブル、氷河期、平成の三世代の消費と階層意識を分析、後者では子育て、介護、シェアなどの観点から豊富な事例をもとに「愛される街」を考察している。現状に応答する新刊やこれまでの研究とのつながりについてお話をうかがった。(編集部) ========================== ・本商品は、週刊読書人2020年7月17日号に掲載された記事の内容です。 ・購入後、PDFファイルをダウンロードいただけます。