追悼特集 松田政男とその時代 足立正生・太田昌国氏に聞く
5f2b6490afaa9d1575996103

追悼特集 松田政男とその時代 足立正生・太田昌国氏に聞く

¥200 税込

※こちらはダウンロード商品です

20200529TsuitouMatsudaMasao.pdf

1.18MB

映画評論家の松田政男氏が三月一七日、肺炎のため亡くなった。八七歳だった。一九五〇年の日本共産党入党後から職業革命家として活動し、六〇年安保には吉本隆明らとともに六月行動委員会の一員として反対運動に加わった。その後、自立学校の設立運営、ベトナム反戦直接行動委員会に関わり、東京行動戦線やレボルト社などを主導、『世界革命運動情報』などを発行した。また、第二次『映画批評』を創刊、編集長をつとめた。松田政男とは、いかなる人物で、彼が生きた時代とは、どのようものだったのか。映画監督の足立正生氏と評論家の太田昌 氏にお話をうかがった。聞き手は映画研究者の平沢剛氏にお願いした。(編集部) ========================== ・本商品は、週刊読書人2020年5月29日号に掲載された記事の内容です。 ・購入後、PDFファイルをダウンロードいただけます。