2014年9月19日号(3057)PDF配信版
other
5f2b62c1791d026f05eaaad7

2014年9月19日号(3057)PDF配信版

¥285 税込

※こちらはダウンロード商品です

20140919_all.pdf

7.17MB

▼特集▼ ◇座談会=荒井晴彦・片桐夕子・成田尚哉・野村正昭 <曽根中生とは何者か!?> 『曽根中生自伝』をいかに読むべきか ★そね・ちゅうせい=1937~2014。映画監督。東北大学卒業後、1962年に日活に入社。71年『色歴女浮世絵師』で監督デビュー。対談中にタイトルがあがった作品以外に『性盗ねずみ小僧』『らしゃめんお万 雨のオランダ坂』『性談 牡丹燈篭』『色情姉妹』『熟れすぎた乳房 人妻』『実録白川和子 裸の履歴書』『不良少女 野良猫の性春』『昭和おんなみち 裸生門』『秘 極楽紅弁天』『ためいき』『実録 エロ事師たち』『くの一淫法 百花卍がらみ』『現代娼婦考 制服の下のうずき』『ホステス情報 潮ふき三姉妹』『淫絶未亡人』『性愛占星術 SEX味くらべ』『教師 女鹿』『博多っ子純情』『赤い暴行』『元祖大四畳半物語』『太陽のきずあと』『悪魔の部屋』『唐獅子株式会社』『夕ぐれ族』『刺青』『不倫』など。             ※あらい・はるひこ氏=脚本家・映画監督。作品に『赫い髪の女』『遠雷』『キャバレー日記』『Wの悲劇』『共喰い』など。      ※かたぎり・ゆうこ氏=女優。作品に『女子高生レポート 夕子の白い胸』『秘 女郎市場』など。 ※なりた・なおや氏=プロデューサー。プロデュース作品に『海を感じる時』など。 ※のむら・まさあき氏=映画評論家。「キネマ旬報」などに執筆。同誌ベストランや、毎日映画コンクール選考委員を務める。 ▼今週の読物▼ ■1面◆連載=写真家の記憶の抽斗<第17回>/北井一夫(きたい・かずお氏=写真家) <少女と二人の少年>1971 シリーズ「いつか見た風景」  ■3面◆連載=日常の向こう側 ぼくの内側<第158回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家) ◎ユ~ガな娘役コスプレ?タマキャンバスの異界で ◆連載=『週刊コウロン』波乱短命顛末記<第62回>/水口義朗(みずぐち・よしろう氏=文芸評論家) ◎世界を股にかける女傑第一号 宮田文子は「エジプト文化展」の先駆 ◆連載=漢字点心<第102回>/円満字二郎(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター) 「唄」 ◆連載=読写!<第20回>/岩尾光代(いわお・みつよ氏=ジャーナリスト) ◎大阪の脱線電車店頭に突入す ■6面◆近刊セレクト= ◎著:栗城史多『弱者の勇気』(学研)9/25刊 ◎著:本間龍『原発広告と地方紙』(亜紀書房)9月下旬刊 ■7面◆トピック=「須賀敦子翻訳賞」創設 9月11日、主催:イタリア文化会館 ◆催しもの=詳しくはweb読書人で!イベント情報配信中。 ◆連載=活字シアター<第553回> ◎困難と闘い名著大著を刊行してきた冨山房の巻<第72回> ◆受賞=第63回『小学館児童出版文化賞』受賞作決定 ◎著:朽木祥『光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島』(講談社) ◎著:ミロコマチコ『ぼくのふとんは うみでできている』(あかね書房) ◆連載=田原総一朗の取材ノート(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家) ◎『突破者外伝』に引き込まれる ◆ブックサロン 著:仲紘嗣『せん妄はこころの叫び 百六歳・母の晩年』(文芸社) ■8面◆特集=内山節氏×高橋源一郎氏 対談採録 <何が変わろうとしているのか> ★野山に分け入り思想を発表する哲学者・内山節氏の著作集(全15巻・農山漁村文化協会)の刊行が始まった。これを機に8月26日、内山氏と作家の高橋源一郎氏が神田・東京堂書店で公開対談を行った。同世代のお二人が、いま体感している「変化」についての考察を熱心に語り合う対談となった。その全容を載録する。   ※うちやま・たかし氏=哲学者。立教大学大学院二一世紀社会デザイン研究科教授。東京都と群馬県上野村を往復して暮らす。『内山節のローカリズム原論』(農文協)『新・幸福論』(新潮選書)など著書多数。   ※たかはし・げんいちろう氏=作家、文芸評論家。明治学院大学教授。1981年『さようなら、ギャングたち』でデビュー。『100年の孤独』(岩波書店)『弱さの思想』(共著、大月書店)など著書多数。    ▼今週の書評▼ ■4面<学術 思想>◆著:小泉義之『ドゥルーズと狂気』(河出書房新社) 評:堀千晶(ほり・ちあき氏=仏文学者) ◆著:長谷川一『ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか テクノロジーと身体の遊戯』(慶應義塾大学出版会) 評:武田徹(たけだ・とおる氏=ジャーナリスト・評論家・恵泉女学園大学教員) ◆著:鳥居英晴『国策通信社「同盟」の興亡 通信記者と戦争』(花伝社) 評:伊高浩昭(いだか・ひろあき氏=ジャーナリスト) ◆著:吹田尚一『近現代日本の興隆と大東亜戦争  戦争を無くすことができるのか』(文眞堂) 評:古賀勝次郎(こが・かつじろう氏=早稲田大学教授・経済学専攻) ■5面<文学 芸術>◆著:笙野頼子『未闘病記――膠原病、「混合性結合組織病」の』(講談社) 評:佐藤泉(さとう・いずみ氏=青山学院大学教授・日本近現代文学専攻) ◆著:西田谷洋『ファンタジーのイデオロギー 現代日本アニメ研究』(ひつじ書房) 評:町口哲生(まちぐち・てつお氏=評論家・哲学専攻) ◆著:山本兼一『修羅走る 関ヶ原』(集英社) 評:高橋千劔破(たかはし・ちはや氏=作家・評論家) ◆著:巽孝之『モダニズムの惑星――英米文学思想史の修辞学』(岩波書店) 評:長岡真吾(ながおか・しんご氏=島根大学教授・アメリカ文学専攻) ■6面<読物 文化>◆編著:大鹿靖明『ジャーナリズムの現場から』(講談社) 評:高田昌幸(たかだ・まさゆき氏=高知新聞社会部記者) ◆著:ニール・シュービン『あなたのなかの宇宙 生物の体に記された宇宙全史』(早川書房) 評:白鳥敬(しらとり・けい氏=サイエンスライター) ◆著:片野勧『8・15戦災と3・11震災 なぜ悲劇は繰り返されるのか』(第三文明社) 評:関千枝子(せき・ちえこ氏=ノンフィクション作家) ◆編:アートミーツケア学会、責任編集:森口ゆたか・山口(中上)悦子『病院のアート 医療現場の再生と未来』(アートミーツケア学会/発行、生活書院/発売) 評:藤沢三佳(ふじさわ・みか氏=京都造形芸術大学教授・社会人間学専攻)