中地義和教授最終講義「ランボーとその分身」レポート(読書人2018/4/6号・6面)
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

中地義和教授最終講義「ランボーとその分身」レポート(読書人2018/4/6号・6面)

¥100 税込

※こちらはダウンロード商品です

D20180406-6.pdf

1.72MB

**本製品はダウンロード配信となります** 2018年3月2日、東京・本郷の東京大学法文二号館一番大教室で、中地義和教授の最終講義「ランボーとその分身」が行なわれた。通常の講義と同じく九〇分間にわたって、長年研究をつづけてきたアルチュール・ランボーとその詩の魅力について語った。講義の模様をレポートする。 (編集部) 【見出し】 ・<私>の二重化 ・多重的な屈折 ・ヴェルレーヌの声 ・太陽と言ってしまった海