追悼 古井由吉
5f0277ac13a48b643679cfd8

追悼 古井由吉

¥200 税込

※こちらはダウンロード商品です

2020410furui.pdf

914KB

寄稿・談話=吉増剛造 寄稿=中上紀・倉数茂・李承俊・片岡大右 他 二月、独自の文体を追求し、文学表現における孤高の歩みを続けた作家の古井由吉氏が亡くなられた。幼年期の空襲・焼け跡体験をへて、日本の高度成長期に文学と出合い、独文学者として文学の道を歩み始めた氏は、『杳子』『槿』『仮往生伝試文』『白髪の唄』など数々の傑作を世に送り出した。古井由吉氏を偲び、詩人の吉増剛造氏にご寄稿・談話をいただき、縁の深い方々に追悼文を寄せていただいた。  (編集部) ========================== ・本商品は、週刊読書人2020年4月10日号に掲載されたインタビューの抜粋です。 ・購入後、PDFファイルをダウンロードいただけます。