恩寵のひとつのかたちとして――村上春樹『騎士団長殺し 全2部』を読む 対談=鴻巣友季子×中島京子
5ef994fe4adba0156331d29d

恩寵のひとつのかたちとして――村上春樹『騎士団長殺し 全2部』を読む 対談=鴻巣友季子×中島京子

¥200 税込

※こちらはダウンロード商品です

2017_3_31_Haruki_Kishidancho_Konosu_Nakajima.pdf

744KB

2017年2月24日零時、村上春樹氏の新作『騎士団長殺し』第一部・第二部刊行。二巻総発行部数一三〇万部。「随所でスペックが上がったハルキ・ムラカミという車の最新モデルを手にしているような気になる。(小野正嗣・朝日)」「全体の主題は「再生」。村上が村上でなくなろうとしている。(加藤典洋・日経)」ほか書評も各紙に勢ぞろいした。本紙では、翻訳家・文芸批評家の鴻巣友季子氏と作家の中島京子氏に、熱く鋭く切り込んでいただいた。多様に多角的に、村上作品世界をお楽しみください。 ========================== ・本商品は、週刊読書人2017年3月31日号に掲載された記事の内容です。 ・購入後、PDFファイルをダウンロードいただけます。