未来を創造するために 加藤陽子ロングインタビュー
5ef98ed674b4e479e9ccfc82

未来を創造するために 加藤陽子ロングインタビュー

¥200 税込

※こちらはダウンロード商品です

2016_9_30_Sensoumade_Katoyoko.pdf

869KB

新潮社『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』で小林秀雄賞を受賞した加藤陽子氏(東京大学大学院教授)が、その〈続編〉とも位置づけられる『戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗』(朝日出版社)を上梓した。一九三一年の満州事変から一九四一年の真珠湾攻撃までの十年間、様々な選択肢がありながらも、なぜ日本は戦争への道を選んでしまったのか。それを決定づけた「三つの歴史的出来事」を中心に描く。「過去にあった出来事を正確に描くことで、未来を創造するための手助けをすることが歴史家の仕事」だと定義する加藤氏に、『戦争まで』刊行を機にお話しをうかがった。 ========================== ・本商品は、週刊読書人2016年9月30日号に掲載された記事の内容です。 ・購入後、PDFファイルをダウンロードいただけます。