2018年9月14日号(3256号)PDF配信版
other
5ef04c721829cd461dc85ecb

2018年9月14日号(3256号)PDF配信版

¥285 税込

※こちらはダウンロード商品です

20180914_all.pdf

10.8MB

河合香織著『選べなかった命』(文藝春秋) 刊行を機に 対談=河合香織×松永正訓 《今週の読物》 ■3面 ▽映画時評・9月(伊藤洋司) ◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側 357回(横尾忠則) ◇連載=現代短歌むしめがね 151回(山田航) ◇連載=漢字点心 295回(円満字二郎) ◇連載=本の国へようこそ ■6面 ◇連載=「シネフィリーの二つの世代」(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)73(聞き手=久保宏樹) ◇連載=〈書評キャンパス〉辻村深月著「青空と逃げる」(栗木悠多)       ■7面 ◇岩尾光代インタビュー 「姫君たちの明治維新」 刊行を機に 《今週の書評》 ■4面 ▽金森修著「人形論」評:奥村大介 ▽大崎滋生著「ベートーヴェン像再構築」評:小宮正安 ▽岡田温司著「アガンベンの身振り」評:岡本源太   ■5面 ▽芳賀浩一著「ポスト〈3・11〉小説論」 評:波戸岡景太 ▽岩崎稔・成田龍一・島村輝編「アジアの戦争と記憶」評:内藤千珠子 ▽筑紫磐井著「虚子は戦後俳句をどう読んだか」評:青木亮人   ■6面 ▽木水千里著「マン・レイ」評:林 道郎 ▽田中ひかる著「「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実」評:藤井誠二 ▽田中雅一著「誘惑する文化人類学」評:砂川秀樹 ▽樹下龍児著「美意識のありか」評:天内大樹